辞退するかは「人間の矜持」 「さもしい」発言で首相
辞退するかは「人間の矜持」 「さもしい」発言で首相 | エキサイトニュース
 麻生太郎首相は15日の参院決算委員会で高額所得者が定額給付金を受け取るのは「さもしい」と発言したことについて「1億円も収入がある方はもらわないのが普通だ。人間の矜持の問題なのかもしれない」と自発的辞退が望ましいとの見解を示した。
なるほど。人間としての矜持も保てない貧乏人どもに、親愛なる首相様がお恵みくださるということか。
「金ならうなるほど持っているのに」給付金を辞退しないのが「さもしい」のだと反論されそうだが、はいそうですか、と素直に言えないのは、首相に給付金をとても辞退できない貧乏人の尊厳を傷つけないようにしようという配慮が足りないからというばかりではない。

所得がいくらあろうが、給付金の金額がいくらであろうかそんなことは実はどうでもいいことだ。重要なのはそれを受け取るきちんとした理由があるか否かだ。
自分の財布にとっては端金なら受け取らないが、そこそこ大きい金額なら受け取る、そんなのは矜持とは言わない。むしろそういった金額の多寡で態度を変えることこそ「さもしい」ことだ。自分にとっては喉から手が出るほど欲しい金だが、受け取る筋合いがない金は受け取らない、それを矜持というのではないか。拾った財布の金、落とした財布の金、ともに自分が受け取るわけにはいかないといって喧嘩になった江戸っ子の話を首相はご存じないか。
給付金の発案者であり最高責任者として、麻生首相はその意義を説明できるはずだし、それが「政策」であるなら説明しなければならないはずだ。だが、首相の口から給付金の日本の経済を良い方向に導く効果を全く聞くことができないのはどういうことなのか。
もし、高額所得者が給付金を受け取ることでこの「政策」の効果が薄れるなら、そう説明すればよいし、そもそもそういった理論的な裏づけをもとに、制限を設ければよかっただけのことではないか。そうすれば、受け取る理由も受け取らない理由も明確になる。それを自分達では何も決められずに丸投げしておいて、金持ちは受け取らないのが普通だなどとせこいことを言うのは本当にさもしい心根だ。

結局、給付金の目的とは、単に首相が貧乏人どもが端金をありがたがる様を見て喜ぶことではないのか、と思わずにはいられない。高級ホテルの高層階で、美女を数人はべらせ、白いガウンに身をつつみ、ブランデーを温めながら、下界で端金をめぐって相争う虫けらどもを見下ろしせせら笑う権力者、麻生首相はそんな漫画のキャラにあこがれてでもいるのだろうか。
[PR]
by tyogonou | 2008-12-16 23:36 | 国内政治 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/10046464
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 本日のビジネス・芸能業界.. at 2008-12-17 01:06
タイトル : 矜持 著書
「矜持」は英語でどう表現するのが適切ですか?pride では崇高さが足りないように.... 「矜持」は英語でどう表現するのが適切ですか?pride では崇高さが足りないように思うのですが。(続きを読む) 日本(人)の矜持は、まだ残っているのでしょうか? 日本(人)の矜持は、まだ残っているのでしょうか?(続きを読む) 世界中で、日本人だけが矜持を持っていない最悪の民族なのでしょうかあ??? 世界中で、日本人だけが矜持を持っていない最悪の民族なのでしょうかあ???(続きを読む) ノベルスは行白...... more
Commented by カレー at 2009-01-06 20:42 x
給付金の発案は公明党では?
Commented by tyogonou at 2009-01-07 00:36
定額減税を求める声がもともと公明党から出ていたのは確かですが、給付金方式は自民党側からの提案だったようです。
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-34598920081029
もっとも正確に誰の発案だったのかは不明ですが、少なくともそれ以前に国民の前で給付金方式を提唱していた論者がいたわけでもなく、「発案者」として説明するのにもっとも相応しいのは首相ではないかと思います。
<< 刑事コロンボ、認知症に たしかに上手い >>