小泉「笑っちゃう」発言の破壊力 ブログで続々議員が「反旗」
小泉「笑っちゃう」発言の破壊力 ブログで続々議員が「反旗」 | エキサイトニュース
麻生首相はありがた迷惑? 「失言」森元首相が「擁護」
安倍福田と二代続いた突然の辞任、二人の個人的な無責任さだけに原因を求めるのは充分ではなかったと私は思う。
安倍内閣の時に首相が閣議室に入ってきても閣僚らが起立せずおしゃべりを続けて「学級崩壊」と皮肉られたことがあったが、あれは自民党の状況をまさに象徴する光景だったのではないか。
小泉元首相は自民党のいろいろなものを「ぶっ壊」した人だったが、壊されたものの一つが派閥政治だった。首相自身以外誰にも予想がつかない「小泉流」人事もさることながら、小泉改革対抵抗勢力という図式の中で、改革推進派であるという宣言と首相との2ショット写真の絶大な効果が派閥の影響力を霞ませてしまった。小泉氏自身は奔放な変人で、公約を守らないことがたいしたことではないと国会答弁で強弁できるくらいの神経をしていたから問題にはならなかったが、凡人である安倍福田両氏の代になって、派閥という箍が外れた自民党が首相、内閣を支える、言い換えるなら政権を担当する能力を欠いた烏合の衆であることが露呈してしまった、私にはそう思われる。(もちろん、だから派閥政治を復活させるべきだというのではない。首相が各派閥の意向を尊重して組閣するかぎりにおいて内閣に協力する、そんな取引関係のみが唯一の動機であったのなら情けないことだといいたいのだ。)
私は森元首相を多くの点で評価しないが、党内に首相を支えるよう呼びかけてきたことは正しい見識だと思う。もっとも、党内の対立によって内閣が機能不全に陥ることが国民の不利益になるというより、政党人としての忠誠心という視点で考えているところが森氏の限界だと思うし、党内部での風通しを良くして不満の声が首相に届きやすくなるようにしているわけでもないところは森氏の限界かもしれないが。
小泉氏の場合、ことが自分が進めた政策に関わることだから不快感を示すのはしかたがないかもしれない。しかし、首相の顔を立てることもなければこれからの行動に期待をかけるわけでもない、全面的な批判はどうなのか。小泉氏がこれから党内をまとめ事態を収拾していく意志と方策をもっているならそれもいいかもしれない。
だが、ねじれ国会で自民党の基盤が脆弱な中、ここでまた自民党内の勝手な事情で政権をどうこうするわけにもいかないだろう。また首相の不規則発言でクローズアップされたとは言え、現在の状況では郵政はあまり優先度の高くない問題で、それよりはるかに重要で困難な問題を何とかしなければならないが、そこに積極的に関わっていこうという姿勢を見せているわけでもない。
単に「選挙を戦えない」という悲鳴を影響力の大きい自分が代表して伝えるべきだという程度の意図と、麻生氏同様言われたら言い返さずにはいられない性格ゆえの反発からでた発言ではなかったかと思う。コリン・パウエルがブッシュ前大統領にイラクとの戦争の意向を伝えられた時、"you break it, you own it." ということを理解しているかと念を押したという話だが、小泉氏もそこを理解したうえでの発言なのか、疑問だ。
一番悪いのは麻生首相であるし、麻生氏がこれほどひどいとは思わなかったというのも個人的には理解できる。しかし、自分達が選んだ首相をそういって非難するのは、自分は民営化に反対だったと言うのと同じ無責任さではないのか。また、政権という枠組みはそう簡単に取り替えるわけにもいかないのだから、たとえ問題があったとしてもその枠組みの中でベターを目指すのが与党議員の責任ある振る舞いではないのだろうか。まして絶大な影響力を持つ大物の尻馬に乗ってはしゃぐような真似は見苦しいことこの上ない。
[PR]
by tyogonou | 2009-02-14 23:01 | 国内政治 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/10353871
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 中川財務相の記者会見は「サケ・... 相撲協会が文科省に謝罪へ 再発... >>