草なぎ剛逮捕
「ワンクールのレギュラーより一回の伝説」常々そういっていた江頭2:50を飛び越えてしまったか。

Excite エキサイト : 社会ニュース
最初公然わいせつで逮捕と聞いたときには、てっきり裸にコートだけ着て女性の前で開いて見せるようなやつか、あるいはどこか屋外で女性とコトにおよんでいたのかと思ったのだが、深夜の公園で酔っ払って脱いでいたのが理由だと知って驚いた。それで逮捕までされるのものなのか。
もちろんちゃんとした法律があってそれに則っているのだから文句は言えないが、酔うと脱ぐ脱ぎ上戸なんて良く聞く話だから、ここまでの「事件」となるのは驚きだ。警官に対して余程ひどく抵抗して暴れたとかいうことかと思ったが、出てくる情報では絵に描いたような酔っ払いの言動で、頭が冷えるまでトラ箱に入っていてもらって、素面に戻ったらこってりお説教で終わってもおかしくはない話ではないのかと思った。公園も自宅のそばということだし、脱いだ服などはまとめておいてあったというから、下手をすると本人は自宅で風呂にでも入っているつもりであったのかもしれない。
ところが、家宅捜索ということになって、なるほど警察の目当てはそこにあったのかと納得した。警察は目的を「背景を探るため」と説明しているが、酒を飲んで脱ぐことを奨励するカルト教団の刊行物でも探していたわけではあるまい。探していたのは薬物で、最初からそれを見込んで逮捕したのではないか、というのは下衆の勘ぐりだろうか。
酔っていたとはいえ意味不明の言動をしていたのだから、尿検査をするのは妥当といえるかもしれない。だが、それでシロという結果がでて、それでもなお家宅捜査までするとなると、酔って人気のない深夜の公園で服を脱いでいたという事件の捜査としては、行き過ぎではないのか。
今話題のくわばたりえはかつて準レギュラーだったラジオ番組の打ち上げで、男性芸人たちが次々と下半身を露出して馬鹿な芸を披露するなか、女性芸人の側も誰か脱がなきゃならないと考えたのか上半身を脱いだはいいものの、どうもそれは笑いに結びつかなくて場をしらけさせてしまったという。後にジャネット・ジャクソンの事件があって、おっぱい出して怒られたのはジャネットとくわばたくらいなものだとネタにされていた。
草なぎ容疑者のしたことは確かに公然わいせつ罪にあたるのかもしれないが、それならこういった輩にも同様の姿勢で臨むべきだ。すくなくとも彼には人に「見せよう」という強い意図があったとは推定し難く、悪質性は盛り上がって脱ぐ愚かな連中よりは低いはずだ。
[PR]
by tyogonou | 2009-04-23 23:13 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/10785982
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 本音話せたのか…草なぎ謝罪会見... 安楽公 >>