「アニメの殿堂」で反論
首相の一存ではない…「アニメの殿堂」で反論
 正式な施設は「国立メディア芸術総合センター」。日本が世界に発信できる漫画やアニメ、ゲームを収集・展示する美術館として、117億円の事業費が計上された。だが、民主党は麻生首相のマンガ好きをとらえて「首相肝いりの施設」「国営マンガ喫茶」などとこき下ろしていた。
 これに対し、与謝野馨経済財政担当相が5月29日に「安倍晋三内閣から始まって、福田康夫内閣の時代に決まった話だ」、河村建夫官房長官も1日に「平成19年2月に閣議決定され、補正予算に突然出てきたものではない。『マンガ喫茶』と言うのは遺憾なことだ」とそれぞれ発言した。
重要なのは経緯ではなく、意義の方だ。たとえ麻生首相の個人的なアイデアがもとであったとしても、ちゃんとした意義があるならなんの問題もない。
こういった手続きに関して今更詳しく説明することは、その意義のなさから人びとの目を逸らそうという悪あがきではないのかと、私のような根性曲がりは勘ぐってしまう。
[PR]
by tyogonou | 2009-06-01 23:53 | 国内政治 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/11144941
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 芸術とは ピーマンのピリ辛炒め >>