東国原知事、自民に文書回答要求 衆院選への出馬条件で
東国原知事、自民に文書回答要求 衆院選への出馬条件で
ここのところのたたかれっぷりはちょっと気の毒になる。
少なくとも彼が全国知事会がまとめたマニフェストの実現に向けて努力していることは認めるべきではないか。自民党にそれを受け入れさせようとする方法は稚拙だし、それをさらに政策として実現するための方法論もまったく考えていないようだし、個人的な野心もごっちゃになっているし、自分を支持してきた人々も見えなくなっているが、その気持ちだけは買いたい。
もっともそれなら、地方が、とかマニフェストが、とか抽象的なことばかり言わず実現したい中身をもっと前面に押し出せばもっと理解も得られそうな気もするが、「総裁候補として」とか「自民党さんを変えたい」などと大きなことを口にするとそのまま頭に血が上ってしまうのはこの人の悪いところだ。

どちらかといえば、橋下大阪府知事らの方がやりたいことの内容も意図もよくわからず、後に国政に出るときのために、自民党に対して自分の商品価値を高めておきたいだけではないのかと思う。
[PR]
by tyogonou | 2009-07-07 19:42 | 国内政治 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/11453699
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 上野樹里&玉木宏“聖地”で世界初ロケ 「恋して音楽に深みを」=長官表... >>