映画「クララ・シューマン 愛の協奏曲」 
映画「クララ・シューマン 愛の協奏曲」 芸術家であり母親 現代に通じる物語
ヨハネスには子どもがいなかったわけだから「ブラームス」の末裔というのは正しくない。顔も大作曲家にはあまり似ていないが、鼻と頬骨のあたりはヨハネスの母親に似た雰囲気だから、ヨハネスの姉か弟の子孫にあたるのだろう。
監督が語っているクララやブラームス像もブラームス好きなら特に驚くようなものでもない。(ただ逆立ちをして歩き回るというのは、性格的にも体格的にもどうかと思うが。)
ただ、ブラームス役をフランス人が演じると聴いたら、大のフランス嫌いだった本人は墓の中でひっくり返っているかもしれない。そう思うとちょっと可笑しかった。
[PR]
by tyogonou | 2009-07-25 23:57 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/11590060
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 由を考える―9・11以降の現代思想 鬼平 >>