<中田・横浜市長>辞職会見…一問一答
<中田・横浜市長>辞職会見…一問一答

良く分からない話だ。
経費が10億浮くというのは確かに大きいけれども、立候補者も有権者も衆院選と市長選はそれぞれ別としてじっくり考えることが重要で、こういったタイミングであわただしく、衆院選の抱き合わせのような形で選挙をやって、たとえ投票率が上がったとしてもベストの選択はできないのではないか。予算にしろAPECの準備にしろ、分からないでもないが、次の市長選への準備、次の市制への引継ぎなどをきちんとすることより重要かというと、今ひとつ納得できない。
かといって、衆院選への色気というような見方もちょっと違うのではないかと思う。こういう時の政治家の「出馬しない」とか「2万パーセントない」とかいった言葉は真に受けるほうが愚かだとは思うが、東国原知事のごたごたがあったあと、首長連合などの活動もまだはじまったばかりでそれもないだろう。具体的にどんなビジョンを持ってこういった行動に出たのかどうも良く分からない。

ところで、首長連合や「『よい国つくろう!』日本国民会議」の活動は国民からどの程度支持されているのだろうか? 注目を浴びていて、自民民主両党とも無視できない大きな影響力を持っていることは確かだが、国民が彼らに共感を覚えているかどうかというところが良く分からないのだ。
国民から、地方から国を変える、結構なのだが、それはたんなるキャッチフレーズ以上のものなのだろうか。橋下大阪府知事の今までの府政のやり方を見ていると、府内の市町村や府の職員、あるいは教育委員会などに対して、「自分(上)が言うことに下は従え」というようなメンタリティの持ち主であるように思われる。まず、下(地方)の意見を吸い上げてそれを活かすような形で上の方針を決めようというような考え方はあまりしない人だ。乱暴と評される橋下府政と衝突したことのある人びとは、地方に対する配慮が欠けているなどという知事の言動をどう見ているのだろうか。
支持政党を決めるという話も、「地方」のひとつの大切な要素、「多様性」との間に齟齬をきたす。国と地方との関係を定める制度については協調して行動することが可能であり、その枠組みでマニフェストを採点するというのはいいとしても、支持政党を決めるとなれば、特定の政策領域で少数派となる地方の意見を封殺することになりかねない。そこに問題意識がなさそうなのが見ていて危ういし、国民はそういうところをどう見ているのだろうか、気になっている。
中田氏に特にネガティブなイメージもないのだが、会見での言葉に(それは激しいものではあったけれども)胸に迫ってくるような何かを感じることはなかった。
[PR]
by tyogonou | 2009-07-31 00:55 | 国内政治 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/11627440
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 中島知子に寄せられる 「ちとマ... 【衝撃事件の核心】墜ちたスポー... >>