選挙
実際に自民の大物政治家たちが落選したのを見ると、大変なことが起きているのだとあらためて実感する。

この結果が何を意味しているのか非常に興味深い。

民主に追い風が吹いていたといっても、それを受ける民主党の帆はそれほど大きなものでもなかっただろう。鳩山代表ら党の顔となる有力政治家たちが大きな人気を集めていたというようでもなかったし、「政権交代」というスローガンもかつての郵政選挙で掲げられたもののような華々しい輝きを放っていたわけでもなかったし、民主のマニフェストが大きな支持を集めていたというわけでもなく、「自民に不満、民主に不安」という表現も決して的外れではなかったと思う。
民主支持ではなく自民の批判というのも分かるが、高い投票率や小選挙区で大物が負けたりしている事実はそれだけではないことを示しているようにも思われる。最近の自民党は怪しからんが長年地元のために尽くしてきてくださった〇〇先生は応援しなければならない、そういった考え方は可能だからだ。
もちろんマスコミが煽ったとか、それに有権者が流されただとかいうのも当然違う。また、経済政策での失政への罰というのも浅い。そんなことなら、今までの日本でも政権交代があったはずだ。

選挙前、どこかの新聞の記者がこんどの解散のネーミングが決まらないのが落ち着かないと書いていた。ネーミングなんてどうでもいいようだが、スポーツ選手のキャッチコピーとは違い、後になってその時代の政治の動きを理解するのに役立つのだという。今になっても、これが何解散(何選挙)なのか、これというものがないままだ。今度の選挙はひとつの大きな動き、大きな力で語れるようなものではなく、複数の大きな力が組み合わさったいわば地殻変動といえるレベルの変化を示しているのではないかと思う。

その一つが以前にも書いた自民党の派閥の崩壊だろうと思う。自民党がこれほどの長期政権を保ってきた秘密のひとつは、党内派閥の競争によって擬似政権交代があったからだとも言われる。自民党政権とは派閥連立政権であったのだ。派閥政治のダイナミクスが小泉改革によって吹き飛ばされ、安倍内閣になってその旋風も収まった後、自民党を内側から支えていたエネルギーは失われ、自民党は普通の政党のひとつへとしぼんでしまった。(今回派閥の領袖が多く落選したが、それは派閥政治の終焉の始まりではなく、むしろ実質的に進行してきた終焉の過程の最終段階と見るべきだろう。)自民党は、特別な「政権党」から、単なる時の与党へとなったことで初めて、有権者はそれを他党と秤にかけて考えることが可能になり、そして今回民主党との選択にかけられることになった。

これはあくまで今回の変化の下の方にあった動きのひとつに過ぎないだろう。ネガティブ・キャンペーンがあったり、民主には必ずしも好材料ばかりではなかった中、これほどの結果をもたらした有権者の投票行動についてはまだまだ説得力のある説明がなされているとは言い難い。今後の民主政権の進むべき道を考える上でもこれは重要な問題でもある。
[PR]
by tyogonou | 2009-09-01 00:46 | 国内政治 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/11842835
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 首相指名選は白票に 麻生総裁へ... 100の敵より10の味方…酒井... >>