東京五輪招致失敗 巨額の税金をせしめたテレビ局
東京五輪招致失敗 巨額の税金をせしめたテレビ局
私も東京での開催には反対だったし、多額の税金は他に使ったほうがよかったという意見にも賛成だが、この記事の論点はちょっとおかしい。
 しかし、招致失敗で税金はすべてパーに。
これでは重要なのは招致が失敗したという一点になってしまう。見通しが甘くなかったかという問題はあるが、たとえ結果として失敗したとしても挑戦する価値のあることはあるものだ。かつて1960年大会の招致に失敗したのは非難されるようなことではなかっただろう。
他にいろいろ税金を使ってしなければならないことがある中、都民国民の関心の薄いことに、その関心を引くだけの意義も示せず、(定かではないが)不純な動機をもって臨んだことは確かに怪しからんことだが、それはたとえ招致に成功していたとしても問われなければならないことだ。
テレビ局が五輪招致を盛り上げ(ようとし)たことも、そこに税金が使われたことも、決しておかしな話ではない。北方領土問題などに関して政府もCMを打っていたはずだし、人びとの意識を高めるためにTVCMなどによって啓蒙活動をすることも、TV局が金をもらってそういったCMを放映することも、別に問題はないはずだ。
「異様なまでに」盛り上げていたというけれども、そしてある種の奇怪さは私も感じたが、総会の数日前までそういった動きがなかったこととの対比がそう感じさせたのではないか。それまでの報道などでは、反対運動についても伝えていたし、それほど積極的な姿勢を見せていたわけでもないように思う。
私の個人的な印象に過ぎないが、招致本部などは、黙っていてもマスコミは盛り上げてくれると思っていたのが、なかなかそういう雰囲気にならず慌てて最後に梃入れをしたとかいうことではなかったかと思う。それほど唐突な盛り上がり方だった。
重要なのは、大金が費やされたことよりも、それが「どのように」使われたのかということだが、記事はそこへの意識が薄い。

パンダのレンタル料
どうせどちらも写真やTVでもみることができ、現地に行って実物を見ることも可能なら、雄雌二頭で一年一億のパンダをレンタルするほうが余程有意義な金の使い道ではなかったかと思う。
[PR]
by tyogonou | 2009-10-09 21:26 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/12094109
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< <20年五輪>広島と長崎の名乗... TBS青木裕子アナ大失言! 中... >>