「原理主義者」岡田外相 「週刊新潮」にも2ちゃんにも「反撃」
「原理主義者」岡田外相 「週刊新潮」にも2ちゃんにも「反撃」
書き込み内容は玉石混淆だと言われる掲示板なだけに、一国の大臣が、その内容を真面目に問題視して削除要求までするのは異例だ。
2ちゃんねるごときに大人気ないというような意見もあるようだが、賛成できない。
記者会見が記者クラブ加盟社以外のメディアにも開放され、情報公開が進みつつある今、その流れを守るためにもこういった愚かな行動にはきちんと対応したほうがいい。今回のケースではたいした騒ぎにはならなかったが、こういったことを放置しておいて、なにか大きな問題が起きてしまったら、国民に正しい情報を伝えるためにも制限を設けようという話になりかねない。政権交代で即記者会見のオープン化とならなかったことに大きな非難の声があがったが、そんななかでいち早く開放した外相に対して、こういった形で悪用した人物にも非難の声が挙がるのかと思っていたが、情報公開とはその程度の重要性しかないものなのだろうか。
[PR]
by tyogonou | 2009-10-29 00:40 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/12220984
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 民主政権は「頭脳なき航海」 日... 押尾被告の初公判、証拠メールに... >>