英歌手ボイルさん、チャート1位 デビュー作、販売記録更新 (共同通信)
英歌手ボイルさん、チャート1位 デビュー作、販売記録更新 (共同通信) | エキサイトニュース
以前、例のオーディション番組BGTでのパフォーマンスが話題になった時、私はそれほどの感動は受けなかった。
あれだけ話題になった人だから売れるのは予想できたことだが、それでもかなりの勢いのようなので、アマゾンで試聴してみた。
その印象は、なんだか上手すぎる感じがする。英語の発音にしろ、メロディーの細かい表情のつけ方にしろ、you tube上で見ることができる彼女の映像のそれとは大分違って聞こえる。
本人は物凄く緊張しやすい人のようだから、大勢の人の前で歌うのと、リラックスできる環境でレコーディングするのとでパフォーマンスが違うのかもしれないし、レコーディングにあたってトレーニングもし、曲の解釈についての打ち合わせも重ねたのだろう。だが、印象が違う最大の原因は、彼女の歌声をいじってしまっているところにある。
BGTでのスーザンの歌声は年齢なりに濁った声なのだが、CDの歌声は透明感を出すためか、高音で歌う歌は低音を、きよしこの夜などのような低音で歌う曲は高音をカットしている。そうして出来上がった、たとえば「翼をください」などには澄み切った美しさがあって確かに聞いていて心地いいのだが、その透明度はエンヤを越えてウィーン少年合唱団の領域にまでいってしまっている。言い換えるともはや女声では無くなってしまっている。ここまでいじってしまっていいものだろうか。
BGTでの「夢破れて」で左手を大きく広げて"as they turn your dream to shame"と歌うところを見ていると、もともとの曲想と合うかは別として、年齢を重ねてきた人間の貫禄と歌うことの素直な喜びとに満ちている点で会場が沸くのも良く分かる、スーザンの歌の素晴らしいところであると思うが、CDの歌声にはそういった要素が全く感じられない。スーザンの良さを活かそうとかそういった意識が全くなく、ただ今のマーケットに受ける商品を作っただけではないか、そんな怒りさえ沸きあがってくる。スーザンのファンは今のところCDを歓迎しているようだけれども、後になってBGTのパフォーマンスの方が良かったという人も出てくるのではないだろうか。
久しぶりにBGTの映像を見ていて、「翼をください」ではなく彼女に合う日本の歌はなんだろうと考えてみたら、「地上の星」などあっているのではないかと思った。
[PR]
by tyogonou | 2009-11-30 23:10 | 国際 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/12420005
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< <事業仕分け>強化費縮減…「切... ノーベル賞受賞者らが仕分け批判... >>