刑務所の食事で健康増進 麦飯、糖尿病に効果 医師が分析
刑務所の食事で健康増進 麦飯、糖尿病に効果 医師が分析
 福島刑務所も含め刑務所のご飯は、コメとオオムギの比率が7対3。さらに福島刑務所では海藻類やキノコ類などの高食物繊維食も多く出され、受刑者は日本人男性の約2倍の食物繊維、5倍の水溶性食物繊維を摂取しているという。
 一方で、当時は服役中の運動が週2、3回、各30分程度と決して多くはなく、1日の平均摂取カロリーは日本人男性の平均値より高かった。
刑務所の中は、いろいろな作業があるとはいえ自由に動き回れるわけではないし、週2、3回、各30分程度の運動とは多くはないというより、少ないくらいだろう。それでこういった顕著な差が出たということは、恐るべし食物繊維。
学会では、「難治性の糖尿病患者みんなに刑務所に入ってもらうわけにもいかない」というジョークも出たという。刑務所にできて病院の入院病棟で出来ないわけもないと思うが。
参考までにどの程度の食物繊維をとれば塀の中同様の理想的な食事になるのか調べてみた。50歳代の日本人の摂取量は男性で一日平均14.7g女性で15.2g。その二倍というとおよそ30gになる。摂取基準は目安量が男性24g女性19g、実態とかけ離れているのでとりあえずの目標量が20gと18gだそうだ。
必要な食物繊維摂取量はどのくらい?
食物繊維の多い食物ベスト10
もともと自分は比較的野菜は多く食べているほうだと思っているが、これからは屁を屁とも思わずごぼうやサツマイモを食らっていこうかと思う。
[PR]
by tyogonou | 2009-12-04 21:35 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/12442098
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ワールドカップ招致 <事業仕分け>強化費縮減…「切... >>