品切れ書店続出「巻くだけダイエット」 「効果は考えられない」という専門家も (J-CASTニュース)
品切れ書店続出「巻くだけダイエット」 「効果は考えられない」という専門家も (J-CASTニュース) | エキサイトニュース
なぜか「過去3時間で投票数が多い記事」に上がってきていた。
ゴムバンドのダイエット効果云々はどうでもいいが、ちょっと面白いことを思い出した。

実践!「元気禅」のすすめ (宝島社文庫)

玄侑 宗久 / 宝島社

禅というより健康法の本という感じの本だったが、そのなかの「立って中心を知る」という項に骨盤をゴムチューブで締めることで中心感覚を知るという方法が紹介されている。
まず一メートル程度のゴム紐を一本用意する。自転車のチューブでもよい。それを骨盤に強く巻いて実験するのだが、巻く位置は股関節とベルトが乗っているわき腹の骨盤の骨との間である。今でも雲水たちが托鉢に出るときは、衣の上からこの位置に一本の腰紐を締めて衣を折りこみ、余分のすそを上げてアルク。一本の腰紐によって骨盤を整えるのである。
(中略)不用意に締め続けると、身体の中心部の筋肉群が酷使されて生命力が消耗され、どうしようもない腰痛や倦怠感におそわれる。とりあえずは、一日2時間程度で様子を見る。
自転車のチューブでいいなどといわずにお洒落なチューブを付録につければ本の売り上げもぐっとアップしたのだろうが、坊さんがそんな商売っ気たっぷりでも困る。
調べてみたら雲水の腰紐は手巾(しゅきん)というらしいが、写真などを見るかぎりベルトなどと同じように骨盤の上に巻いているように見える(雲水姿ではないがこの本の表紙の玄侑 宗久氏の写真もそのように見える)のはどういうことなのだろう。そんな不安もあったが、手近にちょうどいいチューブがあったので試してみたが、なるほどと思った。チューブで締めて直立するだけでも「中心感覚」なるものは分かるのだが、その状態で階段を登ると重心のブレが非常に少なくなっているのが良く分かる。ひざに痛みがあったのもあまり感じなくなっていた。
骨盤にゴムバンドを巻いてダイエット効果があるかどうかは分からないし、幅の広いバンドで骨盤全体を巻くのと細いチューブなどで締めるのとで違いがあるかもしれないが、そういう意味では体に良い効果をもたらすかもしれない、と思う。

『実践!「元気禅」のすすめ』でもうひとつ面白かったのが呼吸法である。
しかしいろいろやってみて、今いちばんよさそうだと思うのが「全身呼吸」あるいは「全体呼吸」と呼んでいるもので、イメージとしては頭のてっぺんから脚の先まで喫水線をイメージしながら吸ったり吐いたりします。
自分の体を空の容器に見立て、息を吸うと下から水が溜まっていき、吐くと出て行って水面が下がっていく。非常に単純な方法だが、息を吐ききる(深い呼吸をする)のに非常に効果的だ。試しにこのイメージで普通に息を吐いてみるとおなかのあたりまでしか喫水線は下がらないのだが、そこから足先まできっちり下げようとすると、かなり長く徹底的に吐くことができる。下手にあれこれ工夫を凝らした呼吸法よりずっといいかもしれない。
[PR]
by tyogonou | 2009-12-24 23:27 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/12554351
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 謹賀新年 スーザン・ボイルさん紅白に出演... >>