貴の耳に念仏 改革“大先輩”の声届かず (夕刊フジ)
貴の耳に念仏 改革“大先輩”の声届かず (夕刊フジ) | エキサイトニュース
 「改革、改革って言ったって何をやるんだ。1人では何もできはしない。初日、貴乃花と30分あまり話し、やろうとしている改革についてもいろいろ聞いたけど、具体的なことは何も出てこなかった。この巡業部内を見ても、大相撲界をよくしようと先輩たちが一生懸命働いていることは、貴乃花もよくわかっているはず。焦って何を改革するんだ。無理するな」と千田川親方は貴乃花親方の“勇み足”の次を心配する。
一門の会合の後、離脱を発表したインタビューで、記者から理事になって何をしたいかと訊かれ、「それはまだ考えてないです」と応えていたのを思い出す。
マスコミは総じて貴乃花親方に好意的な論調で、軽々しく口にして潰されるのを警戒しているのだろうなどと推測しているようだが、私は疑問に思う。
正直、親方の「改革」とは、人気者の自分がもっと前に出れば相撲の人気も上がるという程度のものではないのかなどと勘ぐってしまう。この騒動がおきてからの世論の親方に対する期待の大きさを見ると、それもまたひとつの道なのかもしれないと思わないでもないが。もっとも、その路線で効果絶大なのは「三代目」の登場だが、本人しだいとはいえ、かつての親方自身のように後継者としてメディアに露出させるつもりはないようだ。
貴乃花親方の「改革」
以前にも批判したが、絶大な人気を誇る貴乃花の「相撲道」とは独り相撲の道ではないかと思わずにはいられない。
これには斟酌すべき事情もある。子どもの頃からそれこそ大相撲を背負って立つような大きな期待を集めていた人だから、いわば常にスポットライトを浴びるタレントとして振舞うことを要求されてきたということもある。「相撲をとる」以前に「相撲取りになる」ことを運命付けられていたといえようか。
もう1つ不幸だったのは、彼の活躍した時代が「若貴時代」となってしまったことだ。栃若や柏鵬は名勝負を何度も繰り広げながら互いに自らの相撲を磨き上げたわけだが、貴乃花にとっての最大のライバルは、特別な例外を除いては決して対戦することのない兄であった。ある意味では兄の若乃花の方が幸運だったのは、体格やパワーにそれほど恵まれていなかった分、大型力士に対抗するための技を磨くことが出来たことであろう。実力がひとつもふたつもぬきんでていた分、貴乃花は他の力士との切磋琢磨というより、プラトン的な相撲のイデアに忠実であろうとするような方向で精進するより他なかった。(曙も名勝負を繰り広げたライバルではあったといえるかもしれないが、曙の側から見た場合、ライバルは「藤島勢」だったと言えるし、ベビーフェイスの貴乃花がヒールの曙をライバル視するというのも難しかっただろう。)
[PR]
by tyogonou | 2010-01-19 00:18 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/12692889
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 消費社会の神話と構造 まとめ 「新成人におすすめしたい20の... >>