「朝青龍引退に異議あり」 三木谷、ホリエモン、杏野はるな… (J-CASTニュース)
「朝青龍引退に異議あり」 三木谷、ホリエモン、杏野はるな… (J-CASTニュース) | エキサイトニュース
私自身は、引退はしかたがないと考えるが、批判者の意見には興味深いものがいくつかある。
「結論ありきで引退を拙速に進めすぎた」これを楽天の三木谷社長が言うのはどうなのかと思うが、「ああいうやんちゃをマネージメントできないと日本はダメになる」というのはその通りだと思う。
デーモン閣下の「身近に暴走を諌める人がいなかった朝青龍は ある意味かわいそうな存在(被害者)であったとも言える」というのはあまり賛成できない。横綱になってからの騒動の歴史を思い返せば、諌言がなかったわけではあるまい。引退記者会見でも、「皆さん品格品格と仰るけれども・・・」と不満顔であったが、必要なのはそんな朝青龍を納得させ、そのやんちゃぶりをマネージできるような論理ではなかったかと思う。ただ「日本の礼節」を叫ぶだけでは、特にモンゴル人の朝青龍の心に届くはずもない。皆が皆、白鵬や曙のように、そういった精神的なものを愛する相撲道おたくだとは限らないのだ。相撲は日本の国技だからというならガイジンなど追い出してしまうことだ。
日本人に愛される品格のある横綱

「他の国からきてくれた横綱をみんなでよってたかって虐めるような相撲界に自分から入っていこうなんて思う奴がどれくらいいるだろうかね?」
朝青龍がらみの騒動を見ていていつも思うのは批判者の品格である。別に内館牧子さんややくみつるさんに品格が無いといいたいのではないし、批判していることが間違っているというのでもないのだが、聞いていて批判者の品位に思わずはっとさせられるような発言というのが記憶に残っていない。
もっとも、そんな発言が成立するためにはいろいろ条件が必要で、品位ある人物だって毎回そんな素晴らしいことを口にするわけもないのだが。(最近記憶に残るところでは自民党の河野議員の検察・マスコミ批判などはそういえるだろうか)
ただ、yahoo!のコメント欄やエキサイトのつぶやきなどで朝青龍を「デブ」と罵る人びとが時々見られたのはやはり不愉快だった。こういう人はそもそも相撲についてコメントする資格があるのか疑問であるし、体系という不祥事と全く関係のない事柄を持ち出して罵倒するのはどう見ても品位を欠いた振る舞いだ。もちろんそれは少数の人たちのしたことなのだが、悪いのは朝青龍だ、ということでそこが見過ごされてはならないと思う。
[PR]
by tyogonou | 2010-02-05 23:48 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/12792299
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< # 非喫煙者 大豆で肺がん危険減 朝青龍引退 >>