Nikolai Grohovski




見た目はヴァンダムに鼻や指を折られてボスの居場所を白状するチンピラだが、声はなかなかいい。深みがあってそれでいて濁りが無い。逆に言うとロシア臭さが薄くて、「黒い瞳」("Dark Eyes" "Ochi Chernye")などは、ややあっさりしすぎている感じもあるが、上の「ポーリュシュカ・ポーレ」などは素晴らしい出来だ。下の"Brooklet"(小川)は曲が面白い。
[PR]
by tyogonou | 2010-04-26 23:20 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/13213503
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 差異の政治? その2 差異の政治? その1 >>