フジTV番組で出演者また負傷 3人目、放送中止決定
フジTV番組で出演者また負傷 3人目、放送中止決定
バラエティー番組の関係者の危険に対する想像力の欠如について書いたのはもう三年も前になるが、状況は全く変わっていないようだ。
壮年男性二人が肋骨を折るというのは些細な怪我とはとてもいえないし、同じ競技で二人が怪我をしているわけだから、偶発的な事故ではなく構造的な問題と見るのが当然だ。それにもかかわらず、その収録回の放送中止のみという対応は軽く考えすぎだと思う。
[PR]
by tyogonou | 2010-08-19 19:34 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/13802024
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 梨元さん死去 “第2のきみまろ”の声も出て息... >>