非国民
特集WORLD:年の暮れに思う この国はどこへ… 社会学者・鶴見和子さん
日米開戦前、24歳の鶴見さんは米コロンビア大学にいた。若杉要特命全権公使から帰国を勧める手紙を受け取ったが、博士論文を書くため断った。すると森島守人ニューヨーク総領事は「鶴見は非国民だ」と演説したという。イラクで拘束された高遠菜穂子さんら3人が非難された時、そのことをすぐに思い出した。「まともなことが通らなくなる時、戦争が始まるのよ」。ぴしゃりと言い切った。
重い発言だ。
[PR]
by tyogonou | 2004-12-17 01:00 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/1432045
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< アメリカのナイーブさ 自衛隊宿舎のビラ配り無罪 >>