ディ・ステファノ襲われる
往年の著名テノール歌手、ケニアで襲われイタリアに搬送
故マリア・カラスとの共演で有名なイタリアの元テノール歌手、ジュゼッペ・ディ・ステファノ氏(83)が23日、休暇先のケニアのモンバサからミラノ市内の病院に搬送された。
 同氏の容体は、予断を許さない状態だという。
 同氏は、11月30日にモンバサで武装した4人組の男に襲われた。
 警察関係者によると、犯行グループは夕食のため妻と外出した同氏を襲撃し、車と現金を奪って逃走した。
それほど思い入れのある歌手ではなかったが、イタリアのテノールとしては正統(オーソドックス)な存在と言っていいと思う。こういった野蛮な行為には憤りを禁じえない。ライフログに二点。ベルディのレクイエムナポリ民謡集(「フニクリ・フニクラ」など試聴あり)。
[PR]
by tyogonou | 2004-12-24 21:57 | 国際 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/1514343
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< クローンとオリジナル 金を出せ!それからアレもよこせ... >>