ブッシュとイスラム聖職者
<イラク人質>解放された仏記者がフィガロ紙上で体験談
11月の米大統領選挙の2週間前にマルブリュノ記者が「ブッシュとケリー(民主党候補)のどちらが勝ってほしいか」と尋ねると、同メンバーは「ブッシュだ。ブッシュなら米軍はイラクにとどまり、我々も増長できる」と答えたとされる。マルブリュノ記者は「文明の衝突を望むブッシュとイスラム聖戦主義者」の相関関係を感じ取り、「ビンラディンの惑星にいた」と4カ月に及ぶ拘束生活を総括した。
「文明の衝突を望むブッシュとイスラム聖戦主義者」常々思っていることだが、テロリストとアメリカ、あるいはセキュリティ・ママといわれるような人たちの関係は共依存的だ。問題はブッシュがそれを問題視していないし、ビンラディンにいたってはそれをうまく利用しているところだ。
[PR]
by tyogonou | 2004-12-26 00:55 | 国際 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/1526531
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< スマトラ地震 クローンとオリジナル >>