振り込め詐欺の手口
<振り込め詐欺>「戦車弁償代」と百数十万円、主婦被害
この手の犯罪については、手口を知っておくのも重要なので以前トラックバックいただいた記事を。入社試験を受けたら、信頼性をテストする、といって二日間携帯の電源を切っておくように指示された。その二日の間に母親のところに「入院した」という口実の振り込め詐欺があり、母親は子どもと連絡が取れないために信じてしまったという事件だ。

さまざまな手口が出てくる振り込め詐欺に絶対にだまされないようにするというのは難しいかもしれない。多くの手口を知っておくこともさることながら、こういった犯罪の検挙率を高め、「割に合わない」ようにするのも重要なことだ。警察の努力を求める。
[PR]
by tyogonou | 2005-01-12 13:00 | 社会 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/1698717
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by wowow_turk at 2005-01-12 16:01 x
なるほど「割に合わない」というのは一つの考え方ですね。例えば即刻死刑、とか。それは無理か(笑)。
Commented by tyogonou at 2005-01-12 23:58
あらかじめそんな損得勘定をきちんとしてから犯罪を犯す人間もいないかもしれませんが、誘拐は身代金を受け取る時に犯人が姿を現さなければならず、そこでつかまる可能性が高いので「割に合わない犯罪」だといいます。「つかまる危険」というプレッシャーはなくなってしまうとやはり大問題です。
<< "Cheerlead... 以って群すべく、以って怨むべし >>