"Cheerleader excuse"
<イラク人虐待>米技術兵側が無罪主張 一連の裁判で初
Iraqi Abuse Was Like Act of 'Cheerleaders' -- Lawyer
"Don't cheerleaders all over America form pyramids six to eight times a year. Is that torture?"
「アメリカ中でチアリーダーたちが年に6回から8回も人間ピラミッドを作っています。それが拷問でしょうか?」
Womack said using a tether was a valid method of controlling detainees. "You're keeping control of them. A tether is a valid control to be used in corrections," he said. "In Texas we'd lasso them and drag them out of there."
引き綱は収容者をコントロールする正当な方法だったとウォーマック弁護士は主張した。「彼らをコントロールしておかなければならないのです。引き綱はかれらが汚物で汚れている時に使われる正当な手段です」彼は言った。テキサスでは、私たちは投げ縄で捕まえ相手を引っ張り出すのです。」

ほかに、フードをかぶせた裸の囚人にマスターベーションをさせる映像も公開され、被告のグレーナー上等兵がイングランド上等兵(囚人の引き綱を握った写真の女性)に対してそれが「誕生日のプレゼントだ」とジョークを言ったという証言も出た。

Aljazeera.netの記事のタイトルは"Cheerleader excuse for Iraq abuse"だ。
言うに事欠いてチアリーダーとは・・・
[PR]
by tyogonou | 2005-01-12 13:27 | 国際 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/1698884
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 中国の品位を貶める言論 振り込め詐欺の手口 >>