アウシュヴィッツは「反ユダヤ主義」だから問題なのか?
アウシュビッツは悪と反ユダヤ主義の象徴=米大統領
ブッシュ米大統領は26日、第2次大戦中のユダヤ人虐殺(ホロコースト)の象徴的存在であるアウシュビッツ強制収容所の解放60周年記念式典に寄せた演説で、この収容所は悪に立ち向かい、反ユダヤ主義と戦うため力を合わせるよう世界に再び呼びかけるものだ、と述べた。
 大統領は、「(収容所は)悪の力を思い起こさせ、悪が存在するいかなる所においてもそれに立ち向かうという気持ちを、人々に喚起する粛然たる象徴だ。また(収容所は)、反ユダヤ主義がみられたときには協力してこれと戦わなければならないことを喚起してくれる」と述べた。
アウシュヴィッツは悪と人種差別主義の象徴なのかと思っていたが、アメリカ合衆国の見解では、アウシュヴィッツは反ユダヤであったから悪なのだということらしい。即ち、ユダヤ人以外が対象であったなら、ホロコーストは悪ではなかったということなのか。私の目にはアウシュヴィッツとアブグレイブは似通って見えるが(重大な相違もある)、善/悪=親ユダヤ/反ユダヤという枠組みで考える合衆国大統領の目には正反対に映るようだ。
[PR]
by tyogonou | 2005-01-28 01:36 | 国際 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/1853275
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 警察官もいろいろ 「もち代」 >>