スーパーナチュラルシーズン4第13話「アフター・スクール・スペシャル」
2005年の放送開始から、すでに7シーズンがOAされた『SUPERNATURALスーパーナチュラル』。5月にはシーズン8の製作も発表され、アメリカでは今秋の放送が決定しているが、放送局CWはすで...
現在、Gyao!でこのドラマのシーズン3とシーズン4が全話配信されている。

今回はそのシーズン4第13話「アフター・スクール・スペシャル」について少し触れてみたい。

大雑把にあらすじを紹介すると、主人公のサムとディーンのウィンチェスター兄弟は、「ハンター」として狼男のような怪物や悪魔を退治している。彼らがかつて一ヶ月程通った学校で不審な事件が起きていると知り、調査してみると、事件にはサムのかつてのクラスメートの霊がかかわっていることが分かり・・・というお話。

体育教師として潜入したディーンが「笛ってすごいな("The whistle makes me their God.")」と言って悪ノリするシーンなども面白くて一見の価値ありだが、ここで紹介したいのは、事件を起こしたクラスメートの例とサムが対峙するシーンの台詞だ。そのクラスメートはいじめられたことでサムに強い恨みを持っていて、次のように責める。(括弧内は補足、あるいは意訳。下の原文を参照)

「サム・ウィンチェスター 相変わらず偉そうに
お前たち 学校の人気者・・・
いつも人を見下してた
俺はただの”クズ・ダーク”だろ?
(お前たち)邪悪な連中は報いを受けるんだ」

「邪悪じゃない
僕は違う 君もそうだ
僕は本当の”邪悪さ”を知ってる
僕らは脅え(そして惨めで、それ)を互いにぶつけてた
みんなもだ それが学校だ
でも時がたてば状況はよくなる
君に待ってほしかった
(でも悩み苦しんでいるうちに状況はよくなり、幸せな世界が訪れる
そんな世界を君が見れなかったことが残念でならない)
バリー(もう一人のクラスメート)も」

「何もよくなるもんか 絶対に」

DIRK
Sam Winchester. Still a bully. You, you jocks...you popular kids...you always thought you were better than everybody else. And to you, I was just Dirk the jerk, right? Now you evil sons of bitches are gonna get what's coming to you.

SAM
I'm not evil, Dirk. I'm not. And neither were you. Trust me. I've seen real evil. We were scared and miserable, and we took it out on each other -- us and everybody else. That's high school. But you suffer through that, and it gets better. I'm just sorry you didn't get a chance to see that...you or Barry.

DIRK
Nothing is gonna get better for me. Not ever.

人間関係がちょっと複雑なので、できればこの13話を通して観て欲しい。背景を知ると、サムの台詞は深く心にしみるものとなる。
余談だが、日本語字幕では「クズ・ダーク」となっている "Dirk the jerk"というあだ名も重要で、たまたまダークというファーストネームがジャークという卑猥な単語ときれいに韻を踏んでいたために、このあだ名は全校の本人を知らない生徒にまで手のつけられない勢いで拡散していっただろうと想像できる。
[PR]
by tyogonou | 2012-08-13 22:28 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/18825508
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< インド飲み 東電の用語法 >>