梨園
勘九郎平謝り「あんなバカだとは」
事件そのものについては特に感想はない。
酔った挙句の暴力沙汰など珍しいことではないし、もちろんそれは悪いことであり、酔っていたことが言い訳になるわけでもないが、きちんと相応の償いをすればそれでいい、と思う。(日ごろから酒癖が悪かったというならまたちょっと話は別だ。)それ以上の道義的責任がどうのこうのという問題ではないと思うし、あとは以降酒には飲まれないよう気をつけろというだけの話だと思う。
気になったのは親の中村勘九郎の発言である。
「あんなバカだとは思わなかった」「1週間でも2週間でも(留置場に)入れておいてほしい。今は会いたくない」「(襲名行事の自粛について)皆さんの意見に従う。そうした方がいいならそうする」
成人した人間のしたことであるから親が何を言おうが関係はないが、事件のことを抜きにして考えると、ちょっと無責任というか幼いというか、自分(勘九郎)が傷つけられたという感情が主であるような感じを受ける。もっとも本人も言っている通りショックを受けているということは一応割り引いたほうがいいのかもしれないし、こういうときにすばらしい対応を見せろというのも酷な要求だが。ともかく、「梨園」という環境を言うならこちらのほうではないかと思うのだ。
話は飛んでしまうが、私が「梨園」について気に入らないのは、決して若くはない役者が、ほかの歌舞伎役者について「〇〇のおじさん」といったような呼び方をすることだ。歌舞伎とは、そういった役者同士の縁戚関係を知っていて、そこに内輪意識を抱くことができる人だけが楽しむ娯楽なのか、と思う。かつての江戸(あるいは京大坂)の人々の多くはそうだったかもしれないが、ほかに娯楽や芸術はいくらでもある現代で、歌舞伎役者の縁戚関係など一般の人間には知ったことではない。伝統芸能では師弟関係であるとか「家の芸」とかいったものが重要であるのは理解できるが、横の関係まで入ってくるのはいかがなものか。なによりも外部の人間である相手が内輪の事情を知っているかのような前提で話すのは大人のすることではない。
まとまってないが、以上。

追記
「親の顔に泥を塗った」 逮捕の七之助さん謝罪会見
親の顔に云々は、少なくともファンへの迷惑より先に来るほどの問題ではない。
[PR]
by tyogonou | 2005-01-31 23:43 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/1889584
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by fussyvet at 2005-02-01 09:29
私もあの記者会見での発言には違和感を感じていました。なるほど…。
勘九郎さんは以前一度だけ見たテレビではユーモアがあって好感を持っていたのですが、ちょっと残念でした。
Commented by tyogonou at 2005-02-01 12:13
むしろ本人の記者会見の方が優等生的で、うろたえながらも一生懸命受け答えしているあたり真剣さがあって、合格点といっていいのではないかと思いました。勘九郎さん、話は面白いんですがバラエティーが多すぎな気もも
<< 「鳥人大系」 仁者壽 >>