憲法前文の翻訳
憲法前文すべて書き換え 3月に素案、自民起草小委
「現行の前文は翻訳調で内容も意味不明。悪文の典型だ」という。
学力低下を嘆いても始まらない。少し読みやすく変えてあげるのも親切か。
私たち日本国民は、日本の主権が国民にあることを宣言しこの憲法を定める。私たちは、私たち自身と後の子孫のために、他の国々の国民との協力による成果と、自由がわが国にもたらす恵みとを確保し、政府の行為によって再び戦争の惨禍が起こされないようにすることを決意する。政治とは、国民の厳粛な信託を受けてなされるものであり、国民に由来する権威に基づき、国民の福利を目的として、選挙によって選ばれた代表者が国民に代わって権利を行使するものである。これは人類普遍の原理であり、日本国憲法もまたこの原理に基づくものである。私たちは、これに反する憲法、法令、詔勅の類は全て排除する。

日本国民は恒久の平和を念願し、崇高な理想が人間の関係を支配すべきであるということを深く自覚している。それゆえ、私たちの安全と生存とを保持するために、私たちは平和を愛する諸国民の公正さと信義とを信頼することを唯一の手段とすることを決意する。私たちは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に消滅させようと努めている国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思う。私たちは、全世界の国民が皆、恐怖や欠乏に苦しむことなく、平和のうちに生きる権利を持っていることを確認する。

私たちは、どんな国家であれ自国のことのみに専念して他国を無視してはならないということを信じる。私たちは、政治道徳の原則は普遍的なものであり、この原則に従うことは自国の主権を維持し、他国と対等関係に立とうとする全ての国の責務であると信じる。

日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓う。
先生方には「日本国民はこの崇高な理想と目的を達成することに関して、鋭意努力しかつ慎重に対処する方向で臨みたい」というようなのが読みやすかったかな?

もとの文はこちらで。
[PR]
by tyogonou | 2005-02-03 22:36 | 憲法 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/1916673
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 簡潔≠名文 其の鬼に非ずして・・・ >>