【心理実験】「本物のプロ」が道ばたで3.5億円のバイオリンで演奏→「誰も見向きもしない」
【心理実験】「本物のプロ」が道ばたで3.5億円のバイオリンで演奏→「誰も見向きもしない」
この実験は「人の才能は普段と異なる環境に置かれた時に気付いてもらえるのか」「人は足を止めてシアワセを見つけることができるのか」という質問を世界中の人たちに問いかけるキッカケとなり、現代社会における「冷めた心」の問題を提起するかたちとなった。
実際の映像があった。
調べると、実験は2007年に行われたとのことだ。ニューヨークという土地柄、「冷めた心」というのはしかたがない気もするが、演奏のレベルに気づかなかったところはどうかと思う。映像でもかなりしっかりした音が聴けるが、このコンクリート打ちっぱなしの狭い空間でプロがストラディバリウスを弾いたら、相当強い音が響いていたはずではないかと思うが、ニューヨーカーもたいしたことないようだ。あるいは、ニューヨークの道端で演奏しているミュージシャンのレベルが高いのか。
ところで、記事では一人もベルに気づかなかったとあるが、Wikiでは一人気づいたという。
[PR]
by tyogonou | 2013-07-02 23:10 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/20673992
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 梅雨明け 定番から意外な穴場まで。富士山... >>