新追悼施設
首相は今年も靖国参拝 武部氏、新追悼施設が必要
靖国神社には戦没者が祭られているが、武部氏は「外国の元首がお参りできない、天皇陛下もお参りできないのは良いことではない」と指摘。さらに、イラクで殺害された奥克彦大使らを挙げ「テロと戦って心ならずも命を亡くした人々。世界で活躍し、命を亡くしている人々を慰霊する墓地をつくるべきだ」と述べ、新たな追悼施設の必要性を強調した。
以前にもこんな記事を書いたが、この場所を戦没者などを追悼する場所にしたらいいではないかと思う。追悼の式典などを行うには狭いかもしれないというのが難点だが、施設の意味合いという点ではここがふさわしくないという理由は見つからない。まずベストの場所といっていいのではないか。
[PR]
by tyogonou | 2005-06-12 01:39 | 国内政治 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/2921718
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ファインプレー 嫡流=正当な流れ? >>