Against Koism
小泉首相
「イラクは過去に大量破壊兵器を使い、国連決議に反していないと証明しなかった。(イラク戦争支持の)日本の判断は正しかった」

1.「過去に」大量破壊兵器を使ったということが「現在の」戦争の理由になるのか。

2.なにかが(たとえば大量破壊兵器が)「ある」ことを証明するのは比較的容易だが、「ない」ということを証明することは困難である。

3.他者を犯罪を犯したと訴える側にその事実を証明する責任がある。訴えられた側に自らの無実を証明する責任は無く、相手の論証に合理的な疑いの余地があることを指摘さえすればよい。そして "Innocent until proven guilty"(有罪が証明されるまでは無罪)。
[PR]
by tyogonou | 2004-09-22 01:11 | 国内政治
<< 乳がん 遺族感情 >>