些細なことだけど・・・
いや、些細なことだからこそ余計に腹がたつということもある。
米国人が捨てた酒瓶に反占領アート
逆に考えると、もしアメリカ軍が瓶を黒い袋で包んで捨てるような配慮を徹底できれば、
イラク国民の深いところで信頼感を呼び起こすことができるのだろうに。

バクダッド陥落直後、博物館が略奪されるという事件もあったけれど、
こういった人がいるということは、イラクの文化は思っていたより豊かであるのかもしれない。
隣国イランが映画などの分野で輝く才能を生み出したように、
将来イラクにも大輪の花が咲くのだろうか。
[PR]
by tyogonou | 2004-09-27 22:01 | 国際 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/368745
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< とりあえずよかった、が。 立つ鳥後を濁す >>