農作物の窃盗
収穫直前、リンゴが消えた 青森、頭抱える農家
農作物が大量に盗まれる事件は数年前からいくつか起きているが、解決したというニュースを聞かないのは非常に残念だ。
盗まれたリンゴの行方について青森県りんご協会は「量が量だけに、県内で売ったり加工しようとしても絶対にばれる」と県外流出を疑う。
こういった犯行には、ターゲットになる農作物に詳しい人物のほかに、盗品をさばくことのできる人物など様々な人間が多数関与しているはずで、彼らの口から外部に犯行についての話が漏れていてもおかしくはない。また、記事にもあるように、まとまった量の農作物が動かされれば(他県であっても)気づかれる可能性も少なくない。
それにもかかわらずこういった犯罪が野放しになってしまっているのは、日本の治安にとっての重大な挑戦だと思う。
できるだけ優先順位を上げて早期に解決して欲しいと思う。
[PR]
by tyogonou | 2005-11-03 00:46 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/3716883
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 情報機関と人道性 追い風 >>