とにもかくにも無事
<線路変形>またトラブル 乗客、怒りの声 山手線ストップ
確かにトラブルが発生したことは困ったことだが、付近を走行していた列車の運転士が異常を感知、報告しあるいは緊急停車し、事故を未然に防いだことは評価されていいのではないかと思う。ミリ単位の高低差が限度という場所で最大5センチの隆起があったという状況では、異常に気づかない方がおかしく、当然の対応だったといえるが、それでもきちんとすべきことをし結果論として乗客の安全を確保できたということはきちんと評価したい。
[PR]
by tyogonou | 2006-04-25 01:38 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/4477350
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 小沢一郎 愛国心を教え込むこと >>