清水の舞台
清水の舞台 ヒールに泣く 張り替えも「ピン」で深く、穴ぼこ
 森孝忍庶務部長は「ファッションの規制はできないし、国宝なので舞台にシートを張る訳にもいかない。モラルに訴えるしかない。傷みが激しくなると、床板の張り替え時期を早める措置が必要だ」と心配している。
私が清水寺に行ったのはずいぶん昔のことだから、どういうつくりになっていたかはっきりとは思い出せないが、こんなものはスリッパと下駄箱を用意してはきかえるようにしたら済むことで頭を抱えるほどのこともないと思うが。でこぼこの床をそんな靴であるいたら、ヒールを取られて捻挫する危険だってありそうだし、舞台に上がる際に靴を脱がせることはすべて受け入れる「普門示現」菩薩の意に反するわけでもあるまい。
[PR]
by tyogonou | 2006-06-04 00:23 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/4907474
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 金儲けは悪か? 君が代 >>