金儲けは悪か?
<村上ファンド>「ルールの中で金もうけちゃ何が悪い」
 ――法律を破らなければ金もうけしてよいとの考えは変わらない?
村上氏ではなくても聞き返したくなる。法律に則っていても金儲けはしてはならないのか? もし、質問した記者が本気でそう考えているのなら、記者は直ちに職を辞してニートになるか、あるいは給料を全額返還すべきである。村上氏が非難されるべきはあくまで法律を破った点にあるのであって、より高い収益をあげるべく努力することは非難されるべきことでは断じてない。
私は「日本は変な国になってきたのかなと。」云々という村上氏の言葉にはあまり感銘を受けないが、それは、そこに自己弁護の匂いが感じ取れるだけでなく、称えられるべき人間のあり方についての考察が浅薄にすぎるからだ。金儲けに対する否定的な価値観は日本には以前からあったと思われるし、堀江氏の、土地の代わりに情報を転がして大きな利益を演出する能力は、バブルのころを考えれば突出した才能というほどのことではないかもしれない。それでも、村上氏の議論の方向性には一貫性がある。
私自身の価値観は村上氏のそれとは一致するところが少ないが、批判者達のいいかげんな議論には不快の念を禁じえない。
[PR]
by tyogonou | 2006-06-06 01:58 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/4929923
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 【中国】「日本の捕鯨に断固反対... 清水の舞台 >>