自由を教えることになんの不都合もない
歌わない自由の指導不適切 国歌斉唱で文科相
私は教育現場での国旗国歌に対する反対運動にはあまり共感できない。
もちろん、国歌斉唱時に起立しない歌わないということが特別な意見の表現である場合には、それは大きな敬意をもって認められるべきだと思う。そして、処分をちらつかせての強制という現在の政策がそういった行為が決して尊重されることのない社会を招来する危険性についても認識している。しかし、それでもなお、この反対運動がためにする反対であるという印象がぬぐえない。
だからといって、文科相の見解を支持するというわけでもない。
小坂憲次文部科学相は8日午後の衆院教育基本法特別委員会で、学校現場での国歌斉唱の指導の在り方に関連し、「指導的立場の教師が『内心の自由があるから歌わなくてもいい』という言い方をすれば、逆の指導をしていると取られてもやむを得ない場合もある」と述べ、歌わない自由を生徒に伝えるのは適切な指導でないとの認識を示した。
 文科相はその上で「日本の国には国旗、国歌があることを客観的に教える。歌うか歌わないかは最終的に生徒がその場の状況で判断することはあるかもしれない。学習指導要領に従った方法で適切な指導が行われれば、(生徒に)素直に受け入れられる」と強調した。
それがどんなものであれ、社会的に認められた自由について教えるのは教育の重要な役割である。君が代を歌わないことが内心の自由の表現であることを文科相自身認めるなら、それを教えることを非難することはできない。例えば、容疑者に黙秘の権利があることを教えれば黙っていろというようなものだから教えるな、などと警察が主張するなら、それはとてつもなくいかがわしい話だ。文科相のいう「適切な指導」がどういうものを意図しているのか知りたいところだが、かつてドミニカへの移住を希望していた人々に対して行われていた「要領のいい」説明と似たようなものではないのか。正しいが自分にとって不都合な情報を伝えることをもっともらしい理由をつけて回避し、その意を汲んだ弾力的な運用を期待するところなど、よく似た思考様式だと思われるのだが。
ドベルヘの土地に塩分があるとの点を強調せられることは移住者に不安を抱かしめるおそれあり。この辺、移住者に対し本省担当官において要領よく御説明なるよう特にお願いする

[PR]
by tyogonou | 2006-06-09 13:19 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/4961497
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 暴を以って暴に易え 【中国】「日本の捕鯨に断固反対... >>