暴を以って暴に易え
<北朝鮮ミサイル>自衛隊の「敵地攻撃能力」…議論が再燃
そこまでを意図してのミサイル発射でもなかったろうが、こういった流れは北朝鮮にとってはありがたいものではなかろうか?
 きっかけは「国民を守るために限定的な(敵地攻撃)能力を持つのは当然」と提起した9日の額賀福志郎防衛庁長官の発言。10日には「国民と国家を守るために何をすべきかという観点から常に検討、研究は必要」(安倍晋三官房長官)、「積極的に取り組む必要がある」(武部勤自民党幹事長)と同調する声が政府・与党内から相次いだ。
そもそも長距離ミサイルの保有が独立国家として国民を守るための当然の権利であると主張するなら、その権利は北朝鮮にも認められねばならないわけで、それを脅威といって非難することはできないのではないか? いくつかの国際合意を破ったという問題は残るものの、ミサイル保有が当然の権利であるなら、それを禁ずる合意の正当性のほうも怪しくなってしまう。残るは事前通告をしなかったということぐらいか。

ミサイル発射認める 今後も継続と北朝鮮(共同通信) - 7月6日

北朝鮮の外務省報道官は6日、一連のミサイル発射を「成功裏に行われた」と初めて公式に認め「自衛的国防力強化のための通常の軍事訓練の一環」と表明。さらに、発射凍結に関する日米などとの合意は効力がないと言明し「今後も自衛的抑止力効果の一環としてミサイル発射訓練を継続する」と言明した。
額賀防衛庁長官らのロジックでは、こういった主張は認めなけれなければならないし、北朝鮮が当然の権利を行使したことで日本(そして国際社会)の安全が脅かされたと主張することもできないはずだ。ミサイルの保有が認められるなら、その安全性の維持のための実験や訓練も認められるのは当然だ。「完成度低く、逆に危険」というのも現実的な意見であって、実際に発射実験を行うことによってきちんとした質を維持し、それによって日本国民を意図せずに傷つけるような事態を避けようとしているのだ、北朝鮮にそう開き直られたらなんと反論するのか。そして北朝鮮が独立国家として当然のことをしただけであるのに、それをことさらに脅威であると騒ぎ立て軍備を増強しようとすることを防衛という枠のなかで正当化するのは難しい。

現実に北朝鮮がそれをどのように使ったかを見れば、長距離ミサイルは自衛の範疇を超えていて日本国憲法に反するものであることはあきらかだ。実際に使用されずとも威嚇としてあれほど効果的に使われるものが防衛のための最低限の能力であるとはとても言えない。

それから政府の要職にある人間には、国際社会でこの問題を解決するために平和的手段による努力が進行している現在の状況下で、国民と国家を守るために何をすべきか考えて行動してもらわなければ困る。今最も重要なのは中韓露などの周辺諸国の協力を引き出し、一致してこの問題に当たることであるが、今しなくてもいい議論を巻き起こすことによってその足並みを乱すことは北朝鮮を利することでしかない。
また、憲法にも関わる重要な問題は冷静な判断力の下で議論されるべきであり、国民が不安を書きたてられた状況で提起されるべきものではない。それともそういった不安に付け込まなければ通らない主張なのだろうか?
[PR]
by tyogonou | 2006-07-12 22:55 | 国際 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/5249477
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 相撲道 自由を教えることになんの不都合もない >>