お名前は悠仁さま 秋篠宮家の長男
お名前は悠仁さま 秋篠宮家の長男
まずはおめでたい。

全く関係ない余談だが、お名前を打とうとして「ゆうきゅう」を変換した時に、最近どこかでこの単語を聞いたような気がして思い出した。
 皇室は悠久の歴史の中で常に受動態であった。突き詰めると、存在することに意義があるということだ。政治や営利にも関与できないし、ある意味「ニッチ(すきま)産業」だ。(寛仁親王:「一度切れた歴史はつなげない」女性天皇に異議 毎日新聞のインタビューに応えて)
下賎な深読みをするのはやめておく。
[PR]
by tyogonou | 2006-09-13 01:55 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/5674548
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 露鵬ムチで“改心撃”…育ての親... <皇太子ご一家>大相撲秋場所の... >>