米連邦債務
米連邦債務がほぼ上限に イラク戦響き行政に支障も
ブッシュが大統領になって以来、連邦政府の債務は40%、2.1兆ドル増えて7.4兆円になり、問題となっている法定上限は三回も引き上げられている。
今後10年でトータル1.9兆円にのぼるブッシュの減税が景気を悪くしている上に、エンロンなどの企業スキャンダル、9.11テロ、アフガニスタンやイラクでの戦争の影響が追い討ちをかけたのだという。
それだけの減税をしていながら、白人との純資産格差拡大 米でヒスパニック、黒人というのも救われない。これはあくまでも人種間の格差であって、アメリカ全体の貧富の差とは異なるのだが、ブッシュ指名で盛り上がった共和党大会の客席が白人ばかりだったことを思い出す。
[PR]
by tyogonou | 2004-10-19 23:35 | 国際 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/617766
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 裏金問題 ガス田開発と靖国参拝 >>