裏金問題
阪神も裏金…久万オーナー、星野SD進退問題
少し前にニュースになった『報道と読者委員会』の詳報(というほど詳しくもないが)
球界の未来示す視点を  裏金問題は消化不良
渡辺委員 渡辺恒雄氏が辞めるに至った巨人のスカウト活動違反問題の掘り下げがなぜないのか。消化不良だった。プロ野球の問題というのは、ほとんどそこに尽きるのではないか。今の高校野球、大学野球、プロ野球は昔ながらの徒弟制度みたいな、裏金が動く世界を容認したままで動いている。そういう構造的問題を切り崩していかないと「ライブドアか楽天か」という面白い話だけで終わってしまう。
まさにそのとおり。横浜、阪神両球団とも、巨人の裏金問題が発覚したときに、同様の問題が存在しないことを「確認」しておきながら、今回「外部からの情報」で事件が明らかになったということは、「裏金が動く世界」が球界にしっかり根付いたままだということを改めて示した。もちろん、この問題はライブドアのアダルトサイトなどよりはるかに重要な問題だから、自ら物的証拠を持ち込んでまでライブドアを追求した清武巨人球団代表のような良識派が、球界の浄化のために獅子奮迅の働きを見せてくれるに違いないと思うけれど(もちろん皮肉です)。
巨人と楽天の密約説のような話も、このような構造問題が放置されたままなら、例えそれが事実でなくても、リアリティーをもって受け入れられてしまうのだ。

建設的な意見も言っておこう。
この裏金問題に関する限り、球団、あるいはプロ野球機構以外にも、二者が真実を明らかにできるはずだ。ひとつは日本学生野球協会。一場選手に処分は下したものの、事実関係についてはろくに調査しなかったようだが(ホームページにはこの件についてなんの情報もない)、一場選手についてもそれ以外の学生についても、調査したり、あるいはプロ野球側に情報の公開を要求したりできる立場にあるはずだ。それから、過去にこういった金を受け取ったことのあるプロ野球選手の側も、自分たちの経験について話すことができる。それはひどく不愉快な結果をもたらすかもしれないが、実現すればプロ野球の改革にとっていろいろな意味で非常に大きな貢献となるだろうと思う。
[PR]
by tyogonou | 2004-10-23 00:06 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/659557
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 野菜高騰 米連邦債務 >>