高校野球裏金問題、特待制度問題
一連の問題に関して私には気になることが二つある。

ひとつめは、プロ野球選手会の側に積極的な動きがみられないこと。
特待生を外したら甲子園の常連校がばたばたと敗れてしまったという状況を考えれば、高校野球エリートが集まるプロ球界の選手の中に、裏金や特待制度の実態を身をもって知っている人間が多いはずだ。というよりプロに入ってから突然才能が開花したとか、少年時代からあまりに有名で周囲もうかつなことができなかったとかいうような一部の例外を除いたほとんどがこういった制度なり慣習なりの恩恵を受けてきたと見て間違いはあるまい。
したがって、もし選手会が野球界の悪習を正し、透明性と公正さを確立しようとするなら、まず、自分達の経験してきたものを明らかにするのが筋だ。
実際には猫に鈴をつけに行くのと同じ難しさがあることは理解できるが、互いに事情を良く知るプロ球団、高野連などと水面下で本音の意見交換をしつつ、改革に向けてより積極的な行動をとるべきだ。
しかし、現在の選手会はまるで嵐が過ぎ去るのを待っているだけのように私には見える。これでは、ドラフトやらFAやらといった問題の改革に対する選手会の誠意についても少々疑念を抱かざるを得ない。

もうひとつは、高校野球に特別な「清潔さ」が求められているること。
今では考えられないことだが、かつては大学野球こそが野球ファンにとっての頂点であって、プロ野球は一段低いものと見られていたという。純粋な愛情のみでプレーする学生こそ野球のすばらしさを最も良く体現するものであって、金をとってやるなんていかがわしいといったような、売春かなにかを見るような目で見られていたという。もちろん多くのプロ選手の活躍の結果、現在ではそんなことを言われることなく、常人を越えたプレーに対する正当な対価であると認知され、また高額の年俸をとることがむしろ賞賛の対象となったわけだが、かつてのストイシズムが高校野球をがっちり縛っていてそれがいびつな状況を生み出しているように思われる。
野球界のヒエラルキーの頂点で、例えば松坂投手の高額な移籍金、契約金が大きな賞賛の的となるのであれば、野球を頑張る高校生が何らかの金銭的な利益を受けることも同様に賞賛されるべきことである。それは努力や才能の正当な対価であって倫理的には決して問題ではない。
これは野球界に限った問題ではなく、一方で経済的な成功者を称賛し、あるいは社会に対して経済的な貢献をするよう要求しながら、もう一方で金に対して清くあれと要求するような矛盾した態度は、例えば発明の対価をめぐる問題などにも現れていたが、現在の日本の抱える諸問題の底に共通しているようにも思われる。
[PR]
by tyogonou | 2007-05-06 23:55 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/6824255
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 西武に球団運営をしてもらわなく... バスに乗り遅れるな >>