松岡大臣「本当は謝罪したかった」?
松岡大臣「本当は謝罪したかった」? それを止めた人間はだれか
松岡氏が「本当は謝罪したかった」というのはいいのだが、それをとめた(のかもしれない)安倍首相に自殺の責任をかぶせるのはいかがなものか。
松岡氏が実際に事務所費をどう使ったのか細部まで明らかに出来たのならいいが、辞任し、土下座して謝るといったことしか出来ないようであれば、内閣の一員として首相からの指示に従うというのはあたりまえのことのように思われる。むしろ本人がきちんとした対応(謝罪ではなく説明)が出来ないのに好き勝手にやらせる方がむしろ問題だ。
それに辞めるに辞められないからといってそれがすぐ自殺に直結するものでもない。話させてもらえなかったから死んだなどといわれては故人も喜ばないとおもうのだが・・・。
[PR]
by tyogonou | 2007-05-30 13:05 | 国内政治 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/6918042
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 資料:シンディ・シーハンの引退... 丸川珠代に立ちこめる暗雲? >>