資料:シンディ・シーハンの引退宣言 翻訳
<反戦の母>シーハンさん引退宣言 米国の政治状況批判
"Good Riddance Attention Whore"

目立ちたがりのいい厄介払い

ケイシーが殺され、アメリカの反戦運動の「顔」と呼ばれるようになって以来、私は多くの中小や憎悪に耐えてきました。特に私が以前からの民主党との関係を絶ってから、民主党の地下組織である「レベラルブログ」のブロガーからより激しく罵られました。「注目を引くために何でもやる売春婦のような女」と呼ばれ、ずっと穏健な人からも(民主党との関係が切れたことを)「いい厄介払い」だったと評されました。

戦没者追悼記念日の朝、私はいくつかのつらい決断をするにいたりました。それはいっときの感情によるものではなく、この一年熟慮してきたうえでの結論です。気乗りがしないながらもやっとたどり着いたその結論は私の胸を抉るようなものです。



一つ目の結論は、私は、私が抗議の相手をジョージ・ブッシュと共和党に限定している限りにおいて左派と呼ばれる人たちに大事にされたということです。もちろん、右派の人たちからは民主党の「道具」と中傷され侮辱されていましたが。このレッテルは私と私のメッセージを矮小化していたのです。一人の女性が独自の思想を持つこと、あるいは「我々の二大政党制」の外側で活動することなどできっこない、と。

しかし、私が共和党に対するのと同様に民主党に対して発言し始めた時、私の運動への支持は減っていき、「左派」は右派が使ったのと同じレッテルで私を攻撃し始めました。私が平和の問題と人々が何の理由もなく死んでいるという事実は「右か左か」の問題ではなく「正しいか間違っているか」の問題であると言ったとき、誰も私には注意を払ってないようでした。

私は、共和党と同様民主党によっても支持されている、嘘に基づいた戦争で何百何千という人々が死んでいる時、政党人による政治は脇へどけておかなければならないと信じるが故にラディカルであると見られているようです。問題に鋭敏で、ある政党の嘘や欺瞞や政治的な利己主義に対してレーザービームのように鋭く切り込むことの出来る人たちが、自分達の党にそれを認めるのを拒絶することに、私は驚かされます。どちらの政党の場合でも、党への無批判な忠誠心は危険です。私たちが政治的指導者に強大な自由を許しているが故に私たちアメリカ人は世界の人々からジョークのような連中と見られています。この破綻した二大政党制に代わるものを見つけることが出来なければ、私たちの代議制共和国は滅亡し、私たちが現在急速に向かっている三権分立や複数政党によるチェック&バランスなど機能しないファシスト企業の荒野にとって代わられるるでしょう。私は一人の人間を見る時、その人の支持政党や愛国心を問題にしないために悪魔のように思われているようです。私はその人の心だけを見るのです。ある人が共和党員のように見え、着飾り、振る舞い、話し、投票するなら、その人が自分が民主党員だと言うからというだけで支持に値するものなのでしょうか?

もうひとつの結論は、私がただ「目立ちたがり屋」だからこのような活動をしているのであれば、報酬を受ける必要があるということです。私は正義を伴った平和を、両方とも望んでいない国にもたらすためにもてる全てを投資してきました。普通だったらそう望む人はデモに参加しあるいはコンピューターの前に座って他人を批判するくらいのことしかしないでしょう。私は、国が息子を殺した時「恩を知る」国が私にくれたお金の中から可能な限りと、講演や本の出版で得た全てのお金とを費やしてきました。私は29年の結婚生活を犠牲にし、膨大な時間を子ども達のそばにいてやることも出来ずに旅して暮らし、健康を害し、(もう少しで死ぬところだった)去年の夏以来の治療費を滞らせていますが、それもみな、この国が罪もない人々を虐殺するのをやめさせることに全てのエネルギーを費やしてきたからなのです。私は心の狭い人々が思いつく全ての悪名で呼ばれ、何度も生命を脅かされてきました。

しかしながら、私が今朝たどり着いたもっともつらい結論は、ケイシーの死は本当に無意味だったということでした。彼の尊い生命は彼を愛する家族から遠く離れた国で尽き、私たちの考えることまでコントロールするウォーマシーンによって牛耳られ運営される彼の祖国によって殺されました。私は彼が死んだ後、彼の犠牲に意味を見出そうと努力してきました。ケイシーは民主党と共和党が人命を駒に政治ゲームに興じているこれから数ヶ月の間に何人の人々が殺されるのかということより、今年の「アメリカン・アイドル」になるのは誰かということのほうが気になるという国のために死んだのです。私の心を最も痛めるのは、私自身が長い間このシステムを支えてきたということと、ケイシーが私の忠誠のつけを払ったということです。私が息子を裏切ったのだということが一番つらいのです。

私はまた、しばしば個人のエゴを平和や人命に優先するような平和運動に参加しようとしてきました。このグループはあのグループとは行動をともにしない。彼女がこのイベントに参加するなら彼は参加しない。なぜシンディ・シーハンは全ての注目を集めるのか? 平和の名の下に結成された運動が多くの分派を持つとき、平和のために働くことは難しいのです。

イラクにいる勇敢な若者たちは、チェス板の歩でも動かすかのように送り込んだ卑怯な指導者によって半ば見捨てられつつあります。そしてイラクの人々は人間よりも選挙の方を心配する人々によって死や、死よりももっと悪い運命へと追いやられています。しかし、5年、10年、15年後、私たちの部隊は更なる敗北を喫して逃げ帰ってくるでしょうし、その10年20年のちには私たちの子どものそのまた子どもたちが、祖父母が崩壊した政治システムを支えていたが故に彼らの愛する人々がなんの理由もなく死んだことを知るでしょう。民主党があまりにも深く掘りすぎるので、ジョージ・ブッシュは弾劾されずに済むでしょう。民主党は彼ら自身の墓から少しの骨を掘り出し、政治システムは永久に続くでしょう。

私は残されたものを取りに家に帰ります。家に帰って生き残った子ども達の母親としてすべきことをし、失ったものをいくつか取り戻すことにします。ケイシーが死んで行かざるをえなくなった旅の間に見つけたポジティブな関係を維持し、強めようと思います。今や動かすことも曲げることもできない硬い偽りの大理石に刻まれたパラダイムを変えようとした一途な十字軍を私が始めてからバラバラになってしまった関係もいくつか修復したいと思っています。

キャンプ・ケイシーは目的を終えたので売りに出します。テキサス州クロフォードにある美しい5エーカーの土地を買いたい人はいませんか? 筋の通ったオファーならどんなものでも考慮します。ジョージ・ブッシュも近々引っ越す予定だと聞きましたが・・・おかげで土地の価値は上がるでしょう。

これはアメリカの反戦運動の「顔」の辞任の手紙です。これは私のチェッカーフラッグではありません。私は古き良きアメリカの帝国に傷つけられた世界の人々を助けるのをあきらめてはいません。このシステムの内外で活動をするのを終わりにしようとしているだけです。このシステムは助けようとする人々に強硬に抗い、彼らを食い尽くします。私はこのシステムが私や私の愛する人々、そして私の持てる資源の残りを完全に消費してしまう前に脱出します。

グッバイ・アメリカ・・・あなたは私の愛する国ではないし、私がどれほど多くをささげようと、あなたが望まない限り愛すべき国にすることができないのだということが私にはやっと分かった。

今それはあなたしだい。
[PR]
by tyogonou | 2007-05-31 01:38 | 国際 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/6920846
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 腕を折りし翁? 松岡大臣「本当は謝罪したかった」? >>