<小林多喜二>86年ぶりに短編発見
<小林多喜二>86年ぶりに短編発見 17歳で執筆 | エキサイトニュース
「老いた体操教師」は400字詰原稿用紙で20枚。実在の教師がモデルという。飾らない人柄で人気があった先生が、新校長から解雇されるのを恐れるあまり、生徒に対し居丈高になる様子が活写されている。
教員免許が更新制になりそうな今、こういう作品が発見されたというのはちょっと面白い偶然だ。
[PR]
by tyogonou | 2007-06-03 00:57 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/6932164
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< クラスター弾禁止条約制定交渉に参加 政治家 >>