盗難の瞬間
Yahoo!ニュース - バックナンバー
リンクがあるyoutubeの動画に、時計が盗まれる場面が映っているように思える。
55秒頃、ブッシュの左腕が人ごみから現れるとき、彼の肘の辺りを握っていた手が手首の方へと滑っていき、人差し指の先がバックルのあたりにかかるのが確認できる。そこで他の手がかぶさって見えなくなるが、直後58秒にはその手が上へ手首を返しながら引っ込められるのが見える。1分03秒ごろブッシュの左腕があらわになる時には腕時計はすでに消えているように見える。
説明だけだと分かりにくいが、どの手のことをいっているのかわかれば、動画を普通の速度で再生すると、スムーズな作業に思わずにやにやしてしまう。ブッシュが握手してまわったことも突然のことだったろうし、とっさにこれだけの犯行をおこなえる高い技術にちょっと感心してしまう。油断も隙もないとはこのことだ。
[PR]
by tyogonou | 2007-06-14 20:58 | 国際 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/6977948
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< パイレーツ・オブ・カリビアン ソルジェニーツィン >>