核兵器の起爆剤にも使える?
強力爆薬350トン不明 イラク施設でIAEA確認
「核兵器の起爆剤にも使える」、IAEAの監視下に置かれていたのはそういう理由からであるが、これから心配されるのは核拡散という文脈でということではないようだ。
Huge Cache of Explosives Vanished From Site in Iraq
このニューヨークタイムズの記事でも、アメリカ政府高官もそういった言い訳をしているようで、「世界中どこででも手に入れることができるし、核不拡散防止条約の禁止リストにも載っていない」と自己弁護している。
IAEA Says Tons of Iraq Explosives Missing
行方不明になった爆薬には、建物を破壊したり、旅客機を墜落させたり、通常ミサイルの弾頭や核兵器の起爆剤としてつかうことができるHMX(テトラメチレンテトラニトラミン)とRDX(トリメチレントリニトロアミン)が含まれる。HMXとRDXはC-4やセムティックスのようなプラスティック爆弾の主要な原料であり、プラスティック爆弾の威力は1988年にスコットランド、ロッカービーの上空で、リビアのテロリストがパンナム103便を吹き飛ばし170人を殺害するのにちょうど1ポンド(0.5キロ)しか必要しなかったほどである。
問題は自爆テロや車爆弾、ロシアの旅客機の爆破、シナイ半島のタバのホテルの爆発のようなテロ活動にこういった爆薬が「使える」ことである。
ブッシュ政権はこの爆薬がどこに保管されているのか知っていたが、保全のための活動をまったくしなかった。彼らはテロリストが歴史上もっとも危険な爆薬の山(the most dangerous explosives bonanza in history)を手に入れようとするかもしれないと、はっきりと何度も警告されていたが、そういった事態を防ぐためになんの処置も取られなかった

[PR]
by tyogonou | 2004-10-26 00:00 | 国際 | Trackback(1) | Comments(1)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/699614
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Just Numbers at 2004-10-27 14:36
タイトル : 350トン…イラクの軍事施設から行方不明になった爆薬量
【誰が言った?】 マクレラン米大統領報道官/IAEAのフレミング報道官          (ともにN.Y.タイムズの記事を受けて公表) 【それは何だ?】 ▲イラク・バグダッド南50キロにある旧フセイン政権時代の「アル・カカア   (Al Qaqaa)」基地から、高性能で強力は爆薬350トンが紛失していた ▲「HMX」「RDX」と呼ばれ砲弾の爆薬や核弾頭の起爆剤にも使われるため、   イラク戦争前に大量破壊兵器の査察を行った国際原子力機関(IAEA)が   封印していた ▲バグダッド陥落の40月6日以降になくなった ▲警備は手薄で略奪が繰り返されていた、とN...... more
Commented by tad_yoshida at 2004-10-27 14:40
はじめまして。tadと申します。トラックバックさせて戴きました。日本の新聞ではどこにも爆薬の性格や能力を伝えている記事が
ありませんね。これではニュースがわかりません。
<< サポート? <薬事法違反>「人間の盾」世話... >>