人は決してモノ自体を(その使用価値において)消費することはない
人々に見せつけるためにフェラーリを購入してはいけない!? | エキサイトニュース
バチカンが道路交通上の規則を記載した書面を発表、その内容の一部には「他人よりも優れていることを見せつけるため、また、うらやましがらせるための手段として車を利用しないように警告する」と書かれている。
むしろ「フェラーリを持っているからといって他人よりも優れているということにはならない」と説くのが宗教者の役目のような気もするが。
ボードリヤールを引かずとも、(特に若い人の)車の選択基準には、どのようなメーカーのどのような車種であれそれがもつ社会的価値が大きく関わっていることは自明のことであって、個人所有の車ならほとんどがこの規制にひっかかってしまうはずだ。また、それは衣服、化粧品などによって身を飾ることと本質的に異なるわけでもなく、修道請願を立てているわけでもない一般市民に強制するべきものでもないはずだ。
[PR]
by tyogonou | 2007-06-24 23:41 | 国際 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/7016768
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by e-wwill at 2007-06-24 23:53
(はじめまして)
気にかかるのは、「世界最小国家」バチカンが、「他人よりも優れていることを見せつけるため、また、うらやましがらせるための手段」として車を利用しているかどうかを、いかにして判断するか、ですね?
すると判断基準は、本人の「告白」のみ、ということになるのでしょうか?
Commented by tyogonou at 2007-06-25 00:23
コメントありがとうございます
記事を読む限り、ただ警告するだけで罰則はないようなので、きちんとした基準を設けるわけでもないような感じですが、いざとなったら「踏み車」でもさせれば分かりやすいのではないかと思います。誰かにそんなパフォーマンスをされたらバチカンは面目を失ってしまうような・・・。
<< 最良の応答 サムライ? >>