久間防衛相の信念
<久間防衛相>原爆投下に関し「しょうがない」の発言 | エキサイトニュース
日本の防衛を担う大臣が、祖国、それも自分の地元に落とされた核を「しょうがない」と肯定するとは奇妙な話だが、久間防衛相の過去の発言を振り返ると不思議でもなんでもない、首尾一貫した考えを持ってこういった発言をしていることが分かる。
クラスター爆弾の必要性を防衛相は次のように主張した。(ご都合主義的な防衛構想)
「攻撃されて蹂躙(じゅうりん)されるか、守り抜いた後で不発弾処理をした方がいいか。今の技術レベルだと、私は後者だと思う」
今回の原爆肯定の論拠は次のようなものだ。
これなら必ず日本も降参し、ソ連の参戦を食い止めることができる、という考えだった。間違えば北海道まではソ連に取られてしまった
「当時の日本政府の判断が甘く、終戦が遅れるとソ連に占領されていた可能性があったことを指摘しただけだ。原爆を肯定したわけではない」(講演後終了後の説明
自衛隊の役割は他国(ただしアメリカを除く)の軍隊に占領されるのを防ぐのが第一であって、日本国民の生命を守ることではない。むしろ国民の生命は占領を防ぐという崇高な目的のために喜んで奉げられなければならないし、自衛隊も大量破壊兵器による殺戮さえ必要とあらば割り切って実行しなければならない。それぞれの発言はこういった信念の表現と理解すべきなのだろう。

追記
 だが、今後も……。人類は戦争と戦争の谷間にみじめな生を営むのであらうか。原子爆弾の殺人光線もそれが直接彼の皮膚を灼かなければ、その意味が感覚できないのであらうか。そして、人間が人間を殺戮することに対する抗議ははたして無力に終るのであらうか。(原民喜「戦争について」)

[PR]
by tyogonou | 2007-06-30 21:21 | 国内政治 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/7037827
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by オサーン at 2007-06-30 21:27 x
>自衛隊員は、国民全体の奉仕者であり、国民の一部に対してのみの奉仕者ではないことを自覚し、職務上知り得た情報について国民の一部に対してのみ有利な取扱いをする等国民に対し不当な差別的取扱いをしてはならず、常に公正な職務の執行に当たらなければならない。
(自衛隊員倫理法第3条)

声に出して百回読め、と言いたい。
Commented by maha-rao at 2007-06-30 21:29 x
非業の死を遂げた原爆被災者を思えば出て来ようのない発言。この時点での「しかたない」発言は安倍首相への打撃を意図したものか。
<< 過去に眼を閉ざす者は・・・ ミサイル迎撃論の現実性 >>