気にしすぎ
Yahoo!ニュース - 産経新聞 - 「目標女性撃沈」海自合コンで作戦用語 内部から批判も
 初の女性大臣、小池百合子防衛相を迎えた防衛省で、海上自衛隊潜水艦乗組員らが部外の独身女性を招いて行ったパーティーの様子を、幹部が業界紙に投書、そこで女性を「敵」や「目標」にたとえて「攻撃」し、成果を「撃沈」などと表現、海自などから「女性蔑視(べっし)ではないか」と内部批判が出ていることが7日、分かった。
ご時世がご時世だから、こんな記事は控えた方が無難ではあるが、これをもって(少なくとも文章表現をもって)女性蔑視云々というのもおかしい。自衛官に限らず、こういったときには仲間内のジャーゴンを駆使して面白おかしく表現するのはごくありふれたことだろう。「撃沈」など自衛官でない一般人が使ってもおかしくはない。(もっとも私の語感では、振られた仲間をあらわすのが「撃沈」なのだが)
さらに「この時期にこうしたことを自慢げに書く幹部、それを許す組織だから脇が甘いと言われるのだ」
これはその通り。
中には「小池防衛相が知ったらどうなるか…」と戦々恐々としている声も上がっている。
これが一番ひどい問題。
[PR]
by tyogonou | 2007-07-08 23:10 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/7078125
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 東京都教育庁のメッセージ 3番煎じ >>