処分を凍結して帰国させるべき
朝青龍は解離性障害…専門医「モンゴルに帰すべき」 | エキサイトニュース
 協会が今まで伝えられた以上に重い病状を発表した背景には、朝青龍が強く希望したモンゴルでの帰国療養があるようだ。朝青龍ペースに乗せられたと批判されても致し方ないだろう。
重い症状を発表した背景は、朝青龍の症状が重いからではないのか? 記者にとって医者の診断とは自分の我儘を通したいとき適当に見繕ってもらう便利な方便でしかないようだ。もともと朝青龍自身がそうとられてもしかたのないようなことをしたとは言え、医療を全否定するかのような文章には強い不快感を覚える。 
「モンゴル帰国は認めず、治療するなら国内で」と言い続けてきた協会首脳が朝青龍の希望を受け入れる形で一転して帰国を認める方針を打ち出した裏には、こうしたことに対する厄介払いの意味が見え見えだ。
モンゴルの市民団体の「軟禁」という認識は誤解であるし、それをもって人権侵害だというのは当たっていないが、医師の勧告に反するような措置を強制するならそれは間違いなく人権侵害だ。厄介払いという気持ちもあるかもしれないが、医師の診断を無視して事態が悪化してしまったときに負わなければならない責任を考えれば当たり前のことだ。朝青龍個人に関する限り、責任は相撲協会にあってこの記者にはなく、好き勝手なことを言ってもいいのかもしれないが、同じような病気に悩む人々に対して新聞記事が与える影響について記者はちょっとは責任感をもったほうがいい。
高砂をみていると、まるでオレたちまでなめられている感じがして腹が立つ」と怒りを露にする親方もいた。
相撲界における親方と現役力士の力関係は尊重されるべきだと思うが、大げさなことを言えば、ことは人権を尊重する国際社会における日本という国の名誉に関わる問題であって、状況を知りもしない外野のメンツの問題など、とりあえず脇に置いておくべきだ。「自発的な行動が取れない状態」にある人間の行動を「反抗の色あり」などと気色ばむのも間違っている。日本人にはありがちな態度とは言え、こういった無責任な言動には正義感ではなく権力奪取、強化の意図しか見て取れない。

モンゴルへの帰国を許してしまったら謹慎の意味がない、というなら一旦処分を凍結し、病状が改善してから改めて処分を続行すればよい。あるいは、療養による中断に関して奉仕活動のようなポジティブなペナルティーを別に課したっていいだろう。簡単なことだ。

なにがなんでも帰国させないというなら、少なくとも責任の所在と、専門家の判断を否定する理由は明らかにすべきだ。
[PR]
by tyogonou | 2007-08-21 00:12 | スポーツ | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/7325232
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 島谷的舞録゛@eXcite at 2007-08-21 05:05
タイトル : のろまな診断
Excite エキサイト : スポーツニュース  朝青龍の正式診断がやっと下された。  急性ストレス障害は生命に差し迫った危険を経験したストレスなどが原因になるが朝青龍の場合は生命の危機にひんしない程のストレスに起因するから解離性障害だそうだ。  オイオイ、誤診とはいえ生命に差し迫った危機を感じた患者を治療もせずに騒ぎ立てているだけでよかったんかい。 全文表示... more
<< 親方失格 美談だが >>