自分以外にも・・・
Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 首相の辞意、麻生幹事長「自分以外にも知っていた人いる」次の首相に必要な資質のひとつとして「打たれ強さ」を挙げる声がある。安倍首相が苦しめられた閣僚の不祥事やら年金問題をはじめとする過去の負の遺産やら、新しい首相にも激しい攻撃が浴びせられるのは分かっていることで、やはり重要なことだとおもう。
自民党の麻生太郎幹事長は19日午前、安倍首相の辞意を事前に知りながら適切な対応を取らなかったと党内で批判されていることについて、「誤解のような話がいっぱい流れている。情報を知っていたのが私だけだったという話になっているようだが、同様に知っていた方もいた」と語り、自分以外にも首相の辞意を事前に知っていた人物がいることを明らかにした。
麻生氏はその点どうなのか。安倍首相の辞意にたいして適切な対応をとらなかったということは、他に知っている人がいたかどうかという問題とはあまり関係ない。むしろ、知っている人がいたかいなかったか定かではないということ自体が問題でもある。それは、麻生氏自身がどう対応すべきか他の人と相談しようとしなかったこと、あるいは首相に対して他の人(例えば中川秀直氏ら)の意見も訊くよう進言しなかったことを意味している。
この程度の批判に対して、こんな拙い反論しかできないというのでは「打たれ強さ」に不安を感じさせるものだ。
[PR]
by tyogonou | 2007-09-20 00:09 | 国内政治 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fukureki.exblog.jp/tb/7466878
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 鑑定医の証言についての疑問 政治的な言動 >>